ブログトップ
誰が呼んだか?ESOマニア!!
esomaijin.exblog.jp
レイクトローリング考察
トローリング(ひでお流引き方)

先ずは、速度ですが!大きく分けて4段階で考えます。

船外機の5馬力(2スト)で説明します。

デットスロー(ゆっくり歩く早さ):アイドリング状態で前進している速度

スロー(普通に歩く早さ):少しアクセルを握ってる状態

4ストのデットスローがこれくらいの速さだと思います。

やや早(早足の早さ):アクセルを1/4程開けてる状態

早引き(小走りの早さ):アクセルを半分~全開にしてる状態

素引きでリアクション・バイトを狙うのなら、やや早~早引きで流します。

デットスローやスローで引いてる時のアクションとしてやや早にしたりします。

ドジャーを使う時は、デットスロー~やや早の気持ち遅めまでがベストだと思います!

上記を参考にして・・・。

レッドコアライン18lb+セズレ10mで!!(参考:1色深度)

デットスロー:素引きで1.2m

デットスロー:ドジャー(2/0)引き0.75m

スロー:素引きで1m

スロー:ドジャー(2/0)引きで0.5m

やや早:素引きで0.75m

やや早:ドジャー(2/0)引きで0.3m

早引き:素引きで0.5m

これは、無風の時の僕の参考ですのでボートやエンジン、風、ドジャーによって変わります。

自分のタックルや早さで試して下さい。m(_ _)m


レッドコアとルアーの関係です。

d0190284_10431350.jpg



上の図の条件はレッドコア18lbにPE10m、リーダー1m、ルアーがスプーン7gです。

①はPEとリーダーの間にドジャー2/0を使用したときのイメージです。

②はPEとリーダーの間にドジャー3/0or4/0を使用したときです。

③はドジャー無しで引っ張ったときのイメージです。

これに使用するルアーがフローティングミノーに変わると少し違いが出て来ます。



ドジャーを使ってスプーンを引くとV字に近い形になりルアーの

位置がレッドコアよりも上に来ます。

ドジャーを使ってミノーを引くとミノーがドジャーより下がるので

丁度、への字の前に斜め線を足した感じですね。

素引きでスプーンを引くとL字に近い形になります。

素引きでミノーを引くとカタカナのノを逆向きにした感じでラインが張られます。

これは、自分の出したレッドコアの先の位置とルアーの位置が

同じ層を引いて無いことをいみしてます。

自分の引きたい層に対して使うタックルセレクトを考えるのが大事だと思います。

もし、他の人が釣った色に合わしても釣れない時はルアーの

引き層が確実にずれていると言うことになります。

後は経験で判断するしか無いと思います。

僕の考え方はこんな感じです。(;^_^A
[PR]
by ESO-genei | 2007-01-05 18:43 | レイトロ | Comments(0)
<< レイトロタックル(2) オリジナルあわびスプーン! >>